■プロフィール

へんこちゃん

Author:へんこちゃん

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
恵み
2001.6.12
    
 びわを たくさん頂きました。
 一房づつ 袋をかぶせて 大事に育てても 売り物にならないびわです。
 長崎は 本当に びわが多くて 私の周りのたいていの家には びわが なっています。    長崎では 「ひわ」と呼んでいます。
 私達は びわのなっている家を見つけると、「おばちゃん ひわ 取っていい?」と 家の奥に声をかけて食べていました。
 びわの木は しなやかな木なので 登るのはちょっと危険ですが、男の子が 木の股まで登って 手の届く範囲で取れた物を下へ投げてくれます。
 あまいびわに あたると 大喜びです。
 すっぱいびわや 味のない水っぽいだけのびわにあたると 顔をしかめたり 口に入れたとたんに 「ぺーっ」っと吐き出したり。
 今では スーパーで買うと とんでもなく高いびわも 昔は お小遣いなんてもらえなかった私達のために 自然が与えてくれた恵みのおやつでした。
 
 うちの 裕至ちゃんと こころちゃんは 大好物で夕べも おかあさんの「食べ過ぎないのよ」という声に、うろ返事で食べていました。
 知り合いの家に「あげようか」というと 「よかさ 僕が食べるから」と首を横に激しく振りながら 叫んでいる裕至ちゃんでした。

s-035.jpg

スポンサーサイト


歳時記 | 22:18:37 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。