■プロフィール

へんこちゃん

Author:へんこちゃん

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
森の あしながおじさん
2001.5.22
    
 丸い小さな体(5ミリ程)に ながーい脚が 8本
 その背中に ぴかぴかに光る 小さな ふたつの目 
 
 初めて お会いしたのは、九重の森の中でした。
 九重で お会いした方は 全身真っ黒でしたが、写真の方は 裏山の森の中在住で、ちょっと 赤みがかっています。
 
 しっかりと 脚を地に付けて歩いていらしゃるんですが、体がゆらゆらと上下左右にゆれて なんともユーモラスな仕草が とってもかわいいですよ。 
 
 こう見えても、肉食なんです。ミミズさんなんか大好物だそうです。
 それなのに なぜか 人間様の食べる 食パンなぞも 好物というのはなんとも 理解しがたいいですね。
 蜘蛛さんでは ありません。クモ網に属する ざとうむし類の「フシザトウムシ」さんだと思います。
 集団で行動されることが多いと聞きますが、いまだ、集団でいらしゃるのはお見受けしていません。

 J.ウェブスターの「あしながおじさん」で ジュディーが目にした紳士の 手脚のながーい影を まるで「あしながぐも」のようだと たとえていますが、この「あしながぐも」が このお方のことだと 思われます。
 
 そんなことを知りながら 静かな 森の中でお会いすると つい「こんちは・・・」なんて 挨拶してしまいます。

s-029.jpg

スポンサーサイト


歳時記 | 22:00:01 | Trackback(0) | Comments(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。