■プロフィール

へんこちゃん

Author:へんこちゃん

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリー
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
振り返れば・・明日が見える
朝食

私の母は 料理が上手だった

日常の食事に限らず  誕生日や正月 お盆・・・すべてのシチュエーションで手作りだった

昔の女性はみなそうだったに違いないが、母は研究熱心で、いろいろな料理に挑戦し熱心にとりくんでいた。

そんな母がいつも私に言っていたことがある。

「ね、料理を一番美味しく食べるコツって・・わかる?」

「・・・・・」

「あのね、出来上がった直後の熱ーーーーい時に、ふぅはっ  ふぅはっ・・って食べるのが一番美味しいんだよ。 これは作っている人間の特権だね」

そう言って 台所でつまみ食いさせてくれた。
ホントに、なべの前で食べる、菜ばしに刺さった芋の天麩羅や出来立てのお吸い物の味見は最高だった

だから食事が出来上がると、

「ほら、ご飯出来たよ・・・早く食べんね・・・」と母の声が家中に響き渡っていた。


ある日、私は 結婚を決めた

母ははりっきって散らし寿司を作った

絹ごし豆腐のお吸い物を横に添えて

「ほら、裕至さん、遠慮せんで食べなさい。 熱かうちが美味しかよぅ」

背広の袖口をせわしく気にしている裕至ちゃんに 母は遠慮なく大声を上げる

「あらーっ なんばしよっと うちで 遠慮することなかぁーー、 吸いもんは冷めたらおいしゅうなかけん

「はい・・はい」と小さく返事をしながら必死に吸い物に手を付けた裕至ちゃんの姿を見ながら母は満足そうに笑っていた。

しばらく後になって、裕至ちゃんが相当な『ねこじた』であることを、聞いて気の毒にと思った、

出来立ての一番美味しい吸い物を・・・と裕至ちゃんが座るのを待って椀に添えた母の思いやり

ねこじたなのに・・・目を白黒させながら、熱い吸い物を一生懸命飲んだ裕至ちゃんの思いやり

結婚して16年目・・・最近ちょっとした小競り合いがある熟年の夫婦になりました、
不満や悪口がちらほらと

そんなある日、三色そぼろ寿司に豆腐の吸い物添えながら

16年前の人の思いやりをちょっと思い出し、明日からもうちょっと仲良くしようと思った夕食でした


「あの時ね、僕死ぬかとおもったんだよ」 大声で笑ってごめんね







スポンサーサイト
歳時記 | 13:11:43 | Trackback(0) | Comments(4)
んにゃー うちでん いっしょうけんめいとばい
nazuna.jpg


こんまえばい

アスファルトの中から芽ぇー出したって・・ダイコンさんやら、ヒヤシンスさんやら・・全国版のニュースにでらしたやろう・・・

なんかさ・・「ど根性だいこん」とか「けなげなひやしんす」とか、ゆうてさ

そがんさ・・うちはさぁ・・・ひがんでゆうとじゃなかとばってんがさぁ・・

うったちもさぁー・・・結構大変か思いしてこがん アスファルトの隙間から一生懸命芽ば出してさ生きとるとさね

山や野原に住んどらすナズナさんたちに比ぶるぎぃ・・ちかっと小さかばってんがさ・・

やっぱい  うち なずなやん

こん前まで、隣に 仏の座さんがさ おらしたとばってんがね・・
市民大清掃でおらっさんごとならしたとばってん

その仏の座さんとよう話しよったとさ・・

昔は・・うったちも「春の七草」とか言われて・・・よかったとばーい

子供のおもちゃにもなってばい

お母さんが、子供たちに
「ほら、こがんするぎ、 ペンペンって 音がするやろう・・そいけんぺんぺん草っても言うとよ・・」

その子供たちがさ また次の子供たちに教えて・・・・

親子の会話ってゆうとかね・・そがんとにもちょっとは役に立ちよったと思うとさ・・

良かったばい・・・昔は・・・

ばってんがね、
うったちは、そいでも ちゃんと今でも「なずな」で生きとるとよ

小さかばってん花も咲かせて・・来年もまたここに一生懸命芽ば出すごと準備してがんばよっとさね

みんなも頑張らんば・・・誰も見てくれんでも・・花は咲くとよ・・・



歳時記 | 06:49:29 | Trackback(0) | Comments(12)
ある朝・・突然に
毎朝 お弁当作るのに5時半ごろ起き、一日が始まる。
朝は、元気がいい

娘や、夫から

「何で、朝からそんなに動けるの???」

とベットの中から恨めしそうに睨みつけられるほど元気・・だった・・・はず・・・

熊の倦怠


ある日突然目覚めたら、ベットの中に違う自分がいた

起きたくないのではない
起きれない・・・

無表情で天井を見つめ・・・・
動かない体に抵抗することさえ考えない・・・・

時間がたって、考えたことは
「今日は、仕事いけない・・・わたし」

その日、夫に職場に電話してもらって・・・サボり・・
一日 ベットに寝てるのもきつく・・縁側にぼーーっと座って一日を過ごす・・・
夜の食事を作らないとと考えると泣けてくる・・・意味もなく・・

やっと、これは尋常ではないと気付いた

多分、これは「更年期障害!!」
この後、一週間ほど、自分の感情を抑えるのが大変だった
仕事はミスするし、生徒の母親の苦情が腹立たしく、バスの中の子供たちの喧騒が、神経を逆なでする。

今思えば、随分前から兆候があったようだ・・

おでこだけに汗をかく
首周りだけが熱くなって、下半身が寒い・・・
家族が暑いね・・・と言ってる最中にストーブを付けたくなる・・・などなど・・・・

この一週間が一番感情にきた・・・・
こころが沸いてこない・・・喜怒哀楽が違うシチュエーションで出てくる・・・

この一週間家事がまともではなかった・・・

夫が全部してくれて・・・・
反抗期の娘が・・・明るく接してくれて・・・
命の母Aを始めて飲んで・・・・・

今日の朝久しぶりに・・・また・・・太陽を感じる朝を迎えた・・・・

ホルモンのバランスが崩れ始めてきている・・・のが原因らしいのだが・・・
まだ私は軽いほうらしい・・・ううう・・・これで・・・・ぇ

躁鬱を繰り返すらしい・・・何時かは・・・晴れるらしいのだが・・・・

でも、家族がいてくれて良かった・・・

ま・・・あまり気負らずにいきましょう・・・・と思っている・・・


ちなみに・・写真は佐世保亜熱帯動植物園の熊さん・・・・
今の私にそっくり・・・









歳時記 | 09:33:24 | Trackback(0) | Comments(6)
幸福の訪れ
いいことないかな
幸せになりたぁーい

なんて 思いながら暮らしていると

私の幸せいつ来るのかしら・・・・・ばっかりで、
仕事や、家族の吉報も「なんだぁ・・・これだけ」なんて

満面の喜びを表現できなくなってしまっている自分に気付くことがあります。

そんな自分を見て、悲しい人間になったもんだと・・時々小さくため息ついて
娘から、
「ため息つくと、幸せが逃げちゃうよ!!」
なんて言われて、また、ため息・・・・

先日の連休 佐世保の石岳動植物園に家族四人で出かけました。
最近、足がおぼつかなくなってきているおじいちゃんと、自立し始めた元気な中学生と、仕事のネタ探ししている夫と・・・・・わが道行く妻と・・・・
そろそろ足並みがそろわなくなってきている家族を象徴するかのよな、園内散歩・・・・

そんな中で、変わった木を見つけました。
真っ白な花が、ふわふわと風に揺れ、質素なのにとても美しく、

動植物園なので、ほとんどの木には 名前がつき 学術名などが記載されているパネルがあるのに  これにはついてません。
近くの清掃係のおじさんに聞いても
「さー 何の木でしょうね」

「ねぇ ゆうじちゃんこれ写真とって」
ペンギンの群れを追い回していたゆうじちゃんにお願いして、一枚だけ撮ってもらいました。

なんじゃもんじゃ


家に帰って早速探したら

なんじゃもんじゃの木

へぇーーー うわさには聞いていましたが・・・これがぁ・・・

なんじゃもんじゃの木かぁーーー

「何でふ 物じゃ」と誰かがつぶやいた
でも誰も知らない・・・それで、「なんじゃもんじゃ」の名前がついたとか・・・

名前のパネルがなかったのは、動植物園の粋なはからいかな・・・?

花言葉は  幸福の訪れ

広い園内の中のたった一本の木に心とらわれ
ずーっと昔の誰かがつぶやいた時と同じようにつぶやいてしまった私に・・・・

君には 十分すぎるほどの幸福が訪れているじゃないか

教えてくれたのかもしれないなぁ



歳時記 | 09:45:26 | Trackback(0) | Comments(13)
柊南天
柊南天


ぽかぽか陽気の五月晴れでしたので、カメラを持ち散歩がてら 街まで買い物に出ました。

久しぶりに歩くと、「お宝発見!」の連発!!!

大手鞠の華やかな大木を見つけて、「イヤー君 自己主張強いねー」なんてぱちぱちやってたら、通りすがりのおばあちゃんたちが、
「あらーまた豪華な花ねー なんやろかい こい」
と騒ぎ始めましたので、

「これは、大手鞠というんですよぉーーー」

なぁーんてきもちがいいんでしょ!

おばあちゃんたちの、感心したような声をバックに、気持ちも空の青さに負けないぐらいに晴れやかに歩いてましたら、とびっきりのお宝に出会いました。

柊南天の実です

マスカットのような実がたわわになっていました

写真の柊は柊南天で メギ科
黄色い葡萄のような香りがする花をつけます、南天の仲間です。

本来 柊の木は、モクセイ科  
金木犀や銀木犀とご親戚で花は白い小さな花をつけます。香りはあまりないのですが
節分の日に門口に飾るのは、モクセイ科の柊です。

クリスマスの時のケーキに飾る赤い実が付く柊は、柊モチといい、モチノキの仲間です。

同じように「柊」といいながら、赤の他人 

葉だけ見てると、みんな似てますのにね
これぞ、ほんとの「他人の空似」

植物って面白いですね。 
 
今度は 来年の二月ごろ、柊南天のお花と出会えることを願って、お散歩終了。




歳時記 | 12:01:08 | Trackback(0) | Comments(1)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。